葉酸 摂取量 1日

妊娠初期までの葉酸の摂取量(1日)はどれぐらいか?

妊娠に葉酸が重要な栄養素の一つであるというアドバイスを、
妊婦や妊活中のベビ待ちさんの多くが受けたことがあると思いますが

 

では、1日にどのぐらいの葉酸を摂取したら良いのか?

 

具体的な葉酸の摂取量となると聞き漏らしたり、忘れてしまいがちですよね

 

厚生労働省による葉酸の推奨量は
妊娠前1ヵ月〜妊娠初期(3ヵ月)のあいだ、葉酸の摂取量を1日に640μg(=0.64mg)としています。

 

これは、食事のほかにサプリメントなどの栄養補助食品などを利用し摂るようにすすめている量になります!

 

厚生労働省は、なぜサプリメントなどでの葉酸摂取をすすめるの?

 

厚生労働省が妊娠に関して葉酸の摂取にサプリメントの利用をすすめるのは、

 

いまあげた葉酸の摂取量(1日)は妊娠に対してのものですが

 

葉酸はビタミンB群の1種であり妊娠だけでなく、赤血球の形成など全ての人間が
健康なカラダを維持して行くために必要不可欠の栄養素です

 

そのため、妊婦や妊活中のベビ待ちなど妊娠に関してだけでなく、全年齢に対して葉酸の推奨量が示されています

 

 

たとえば18〜49歳の成人の葉酸の摂取量(1日)は

 

推定平均必要量が200μg/日

 

推奨量は240μg/日

 

なお、これは男女の区別なく示されている値で、基本的には食事からの摂取を想定しているものです

 

実際に日本人の葉酸の摂取量(1日)がどれくらいかを厚生労働省の平成26年国民栄養・栄養調査報告からみてみると

 

男性の平均値が293μg/日

 

女性の平均値が276μg/日

 

そして女性の年齢層別平均値でみると

 

  • 20〜29(歳)242μg/日
  • 30〜39(歳)232μg/日
  • 40〜49(歳)243μg/日

 

平均値では、妊娠を考えるどの年齢層も、ほぼ厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量(1日)を摂取できているようですね

 

 

つまり、妊娠したいベビ待ちさんや妊娠初期の妊婦さんは、一般成人の葉酸推奨量240μg/日にプラスして

 

400μg/日を余分に摂ることで640μg/日ということになります

 

240μg/日にプラスして400μg/日を葉酸を摂るのは難しいそうだけど、元気な赤ちゃんを生むために頑張って食べようかと思う女性もいるかもしれませんが

 

それは非常に難しいでしょう。

 

なぜなら、プラスして摂るようすすめられている葉酸の摂取量(1日)400μgというのはサプリメントの多くに使用されているモノグルタミン酸型での摂取量であり

 

食事から摂取するポリグルタミン酸型の場合だと400μgではなく、なんと800μgにもなるのです

 

これは食事からのポリグルタミン酸型葉酸の体内利用効率が「日本人の食事摂取基準(2010年版)」にて50%とされているためです

 

サプリメントなどに使用されるモノグルタミン酸型よりも、食事からのポリグルタミン型の摂取であれば2倍の葉酸量が相当することになります

 

つまり、妊娠に関して必要とされる葉酸の摂取量(1日)は

 

そのすべてを食事から摂るとすれば、合計で1040μgになります

 

葉酸はほうれん草の抽出物から発見されたことから、葉酸といえばほうれん草をイメージされる人も多いので
仮にほうれん草を例にすると、ほうれん草の葉酸含有量は100gあたり210μgなので

 

 

約500グラムのほうれん草を食べる必要があるということです!しかもできるだけ生で

 

 

ちなみに、ほうれん草一束が200〜270グラムですから、約2束になります

 

もちろん、ほうれん草だけを食べるのは栄養バランスが悪いですし

 

ほうれん草を生で大量に食べるのは、結石の原因とも言われるショウ酸を大量に摂取することになりますから

 

「元気な赤ちゃんを生む」という妊婦さんやベビ待ちさんの気持ちは分かりますが

 

葉酸の摂取量(1日)を確保しようとして実行するのはやめてくださいね!

 

 

でも、これだけの量を毎日食べ続けるのはマズ無理がありまよね?

 

ましてや、つわりなど妊娠初期には思うように食事が摂れない日もあるのですから…

 

ですから、食事だけでは不足しがちな葉酸の摂取量(1日)を補うため

 

厚生労働省は手軽に効率よく摂取できるサプリメントでの葉酸摂取をおすすめしているわけです

 

妊娠初期の葉酸摂取は、無脳症や二部脊椎などの
神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させるために、充分な量が必要な栄養素です
そして葉酸は水溶性ビタミンですから、体内からも失われやすい栄養素です

 

厚生労働省による推奨量がシッカリとれるよう、バランスのとれた食事とサプリメントを利用し

 

上手に葉酸の摂取量(1日)がとれるようにしてくださいね、

 

現在は葉酸だけでなく、妊婦さんや妊活中のベビ待ちさんに必要な栄養素がバランスよくとれるよう考えられたサプリメントがありますので、バランスのとれた食事ができているか不安に感じる女性はぜひ利用してみると良いと思います

 

なお、葉酸サプリは薬局やドラッグストア・コンビニなどでも購入できますが、お腹の胎児のことを考えると有害で危険性を感じるものもありますし、容量なども製品により違いがありますので、理想をいえばネット通販などで妊婦さん向けに販売している葉酸サプリのほうが顧客無料相談室などのサポートなどもあり安心できると思います、また妊娠初期までに必要な葉酸の摂取量(1日)が含まれているものが多いです。